看護師の転職~療養型を選ぶなら

看護師の仕事先として、急性期病院を選ぶか療養型の病院を選ぶかは 大きな分かれ道となります。 同じ看護師であっても、どちらの病院で働くかによって、仕事内容や 労働条件に大きな違いがあるからです。 療養型の病院は長期で入院している患者さんが多いので、一人ひとりの 患者さんとじっくり向き合うことが大切になります。

急性期病院では新規の患者さんがどんどん訪れ、テキパキと対応しなければ 仕事がたまる一方ですから、療養型とはずいぶん職場の雰囲気も違います。 規定の業務開始時間よりかなり早く出勤し、勤務が終わる時間になっても なかなか帰れないということもあります。

療養型と急性期病院のどちらを選ぶかはその人のライフスタイルや、 看護師としてどんなスキルを身につけたいかによるでしょう。 一般的に、看護師の資格を取得したばかりの若い看護師は急性期病院で バリバリ仕事をし、スキルアップを図ることが多いようです。

看護師としての経験をある程度積んだ方や、結婚・出産によってあまり 時間がとれない看護師は、療養型の病院でじっくり働こうと思う人が 多いようです。

もちろん療養型の病院勤務が楽だと言っているわけではありません。 療養型の病院には高齢者が入院していることが多く、認知症を発症して いることもありますから、コミュニケーションを取るのが難しい場合が あります。

また入院生活が長期化し、気持ちがふさぎこんでいる患者さんもいますから、 その気持ちに寄り添った看護をする必要があります。 ですから、療養型の病院で働くからこそ身に付くスキルもあるのです。

急性期病院での多忙な毎日に疲れきってしまい、療養型の病院に転職を 考える看護師も多いのですが、転職前には職場のことをよく調べておいた 方がいいと思います。

療養型とはいっても意外に患者の入れ替わりが多く、忙しい病院も あるからです。 また療養型の病院に移ったところ、給与が下がったり、残業が少ないので 手当も減ったという声もあります。 「こんなはずではなかった」とうことがないよう、転職前にはしっかりと 情報収集しておきましょう。

メニュー

ページの先頭へ