看護師の転職理由とは?

看護師の転職は、一度も経験のない人はいないのではないかと言われるくらいよくあることのようです。離職率を見てみると、常勤で10%、夜勤が多くなると13%にものぼります。他業種に比べても高い確率であるといえるでしょう。

では、看護師はどのような理由で転職をするのでしょうか。退職の理由として職場に申請をするのは結婚、出産、配偶者の転勤やキャリアアップのためなどを理由にするのですが、実はその裏にはほんとの理由があるようです。

その本当の理由で多いのが心身の健康状態の悪化です。これは日常化されている看護師の激務が原因となっています。看護師は一日の仕事量も多く、人命にも関わる仕事なので緊張やストレスも大変なものです。そこに看護師不足もあり、夜勤や残業も多くなり激務となります。それに含めて勉強会や研修などもあり、休日がつぶれることもあります。

そのうちに激務に耐えられなくなり、体を壊したり心が疲れてしまい、もう少し楽な仕事場を求めて転職をするようになってしまうようです。

激務の割には給料がそれに伴っていないと感じている看護師も多くいます。看護師は昇給の機会も少なく、激務に耐えてスキルを上げても収入が上がって行かないのでより良い条件を求めて転職をする人もいます。

人間関係のもつれで転職を考える人も多いようです。看護師はまだまだ女性が多い職業です。ナースステーションや病棟勤務などの狭い空間での職場はどうしてもトラブルが発生してしまいます。こじらせてしまうとなかなか元には戻らず、トラブルを抱えたまま毎日のように顔を合わせなければいけません。

激務の中で人間関係にも気を使わなければいけないのはやはり大変なことです。病院への転職はまた人間関係のトラブルが起こってしまう可能性がありますが、前職場での苦い経験を踏まえているので一段と気を付けるようになります。

これまではあまりよくない転職理由でしたが、認定看護師や専門看護師の資格を取ってキャリアアップを図るために転職を考える方もいます。

メニュー

ページの先頭へ